2007年09月の記事リスト

2つの秋葉原おでん缶「こてんぐ」と「UMAI」は、どう違う?

  
どうも、こんにちは。
昨日はお風呂上りに、冷蔵庫にあったカレーラムネを飲みました。
まだ冷蔵庫に1本残っていたのには驚きでした。
 
秋葉原と言えば、最近、おでん缶やらーめん缶が話題になっており、
「カレーうどん缶」もその1つとして取り上げられています。
この「カレーうどん缶」には2種類あります。ご存知でしょうか?
 


◆2種類のカレーうどん缶
 
左側が「こてんぐ」のカレーうどん缶。
右側が「UMAI」のカレーうどん缶。
 
 こてんぐ カレーうどん缶 UMAI カレーうどん缶
 
こてんぐは、「おでん缶」を作っているところです。
「缶ブーム(?)」の前からチチブ電機の自動販売機で販売していたのが、このおでん缶です。
以前、このブログでも取り上げたのはこちらのカレーうどん缶になります。
(過去記事:カレーうどん缶!カレーラムネ!おでんカレー!
 
UMAIは、「らーめん缶」を作っているところです。
おでん缶からさらに「缶ブーム(?)」を盛り上げたのが、このらーめん缶シリーズになります。
 
その「こてんぐ」と「UMAI」が今年の夏に発売開始したのが、「カレーうどん缶」です。
 

◆2つのカレーうどん缶、どう違うのか?
 
  ●麺
   ・こてんぐは、平麺でつるつると食べる感じです。
   ・UMAIは、太麺でコシのしっかりした麺を味わえます。
   ・どちらも、こんにゃく麺です。
 
  ●具
   ・こてんぐは、油揚げが入っていたりするので、具が多いように感じます。
   ・UMAIは、こてんぐに比べると具は少ない感じです。
 
  ●スープ
   ・どちらもカレー味がしっかり出ていて、おいしいです。
   ・スープの味はまったく同じというわけではないですが、
    厳密に比べてないので、どちらがどうとは言えません。
   ・どちらもおいしいので、両方食べてみてください。
 
  ●値段
   ・こてんぐが、300円。
   ・UMAIが、350円。
 
  ●量
   ・食べた感じ、量はどちらも同じ感じです。
 
  ●食べるときは
   ・どちらも、常温、または、温めて食べるのが吉。
    個人的な意見ですが、冷えると缶詰めっぽい感じの味がします。
 


 
◆[ こてんぐ カレーうどん缶 関連リンク ]
 
・秋葉原カレー日和の過去記事↓をご覧ください。
 カレーうどん缶!カレーラムネ!おでんカレー!
 
e-缶詰屋 こてんぐ
 秋葉原に行けない人も、このおでん缶シリーズを製造している
 天狗缶詰の通販ページ「こてんぐ」でカレーうどん缶を買うことができます。
 
AKIBA PC Hotline! カレーうどん缶に感動した!
 
ASCII.jp スクープ!おでん缶の老舗“こてんぐ”がついに麺戦争に参入!
 
 
◆[ UMAI カレーうどん缶 関連リンク ]
 
「らーめん缶」の姉妹品「うどん缶」が登場–きつねとカレーの2種類でCNET Japan
 
「らーめん缶」の次は「うどん缶」ITmedia
 
・楽天のとらさんSHOPより購入することもできます。

 
 

この記事のトラックバックURL : http://www.akibacurry.com/blog/wp-trackback.php?p=21

「ぴよぷーカレー番長」カレーレシピ満載のコミック!

 
先日、漫画を買いに行ったら、
「カレー番長」というド迫力な表紙の本を見つけ、
思わず表紙買いしてしまいました。
 

 
内容としては、
『初心者でも簡単に作れるカレーレシピを漫画で紹介』といった感じで、
10種類のカレーの作り方を紹介しています。
 
一番初めに「ぴよぷーカレーペースト」という
「いつでも」「すぐに」「簡単に」カレーが用意できてしまう
魔法のようなペーストの作り方を紹介しています。
これがあれば、1人暮らしの人も量的にOKなカレーを作れるみたいです。
 
そして、その後から怒涛のごとく紹介されるカレー達は、どれもおいしそう。
 
 
読んでみた私の感想。
  「ぴよぷーさんのテンションがやたら高い
  「お料理紹介の漫画なのに、やたらスピード感がある
  「レシピとしては、分量がアバウトだが、それでイイような気がする」
  「真夜中に読んでたら、お腹がすいてきた。」
  「なるほど、そういうカレーもあったか。」
  「カレー蕎麦がおいしそうだ。」
  「今度、参考にして作ってみようかしら。
  「これなら毎日カレーを食べてもイケル気がしてきた。」
   (もともと1日に2回カレーを食べる日が毎月1回はあるので、毎日カレーでも平気ですが、さらなる自信が湧いてきました。)
 
1冊読み終わったときには、「食べる=カレー」というイメージが
頭の中に刷り込まれている状態です。そして、とても勉強になります。
 
まさしく『カレー部員は全員購入!』な1冊です。
 
 
<関連リンク>
 ●「ぴよぷー本舗
   :金澤尚子さん、こと、ぴよぷーさんの公式HP
 
 ●「夏だ!カレーだ!単行本出るよ!」(piyopooな毎日
   :ぴよぷーさんの公式ブログのカレー番長についての記事
 
 ●「司書房
 
<この本を紹介しているブログ記事>
 ●「スパムと夏野菜のカレー」(from痩せないはずだよ
   :カリカリスパムのカレーを実際に作ったようです。写真のカレーがとてもおいしそう。
 
 ●「一人暮らしでも簡単に旨いカレー! - ぴよぷーカレー番長」(from真・業魔殿書庫
 
 ●「ぴよぷーカレー番長」(from鼠見聞録
 


 
<表紙買いと言えば・・・>
「ヱヴァンゲリヲンインパクトカレー」も思わず買ってしまったのはここだけの話。
1パックに2袋入っている中辛のレトルトカレーです。525円。
 
ヱヴァンゲリヲンインパクトカレー表ヱヴァンゲリヲンインパクトカレー裏
 
 

この記事のトラックバックURL : http://www.akibacurry.com/blog/wp-trackback.php?p=16

「カレー南蛮」と「カレーうどん」の違いは?

そういえば、「カレー南蛮」と「カレーうどん」があるけど、どう違うの?
 
ということで、以下、情報をピックアップしてみました。
 
 


 
東京ガス:食の生活110番Q&Aより、まとめ。
 
 ・「南蛮」とは「ねぎ」のこと
 ・ねぎを使用しているのが「カレー南蛮」
 ・ねぎの代わりに玉ねぎなどを使用しているのが「カレーうどん」
 ・最近は、カレー南蛮とカレーうどんの区別は無くなっている。
 
 
Wikipedia「うどん」より、まとめ。
 
 ・カレーをつゆとして用いたうどんが「カレーうどん」
 ・麺が蕎麦のものが、「カレー南蛮」
 ・「南蛮」は「なんば」が転じたもので、ネギのことを指す。
 ・元来は大阪・難波の近くで採れた長ネギを指す。(鴨南蛮、かしわ南蛮に同じ)
 

 
以上をまとめると、次の3点が言えるようです。
 
 ⇒<ネギの違い説>
   「南蛮」は「(難波の)ネギ」のことで、ネギが使用されているのが【カレー南蛮】
   ネギの代わりに玉ねぎなどが使用されているのが【カレーうどん】
 
 ⇒<麺の違い説>
   麺に「蕎麦」を使用しているのが、【カレー南蛮】
   麺に「うどん」を使用しているのが、【カレーうどん】
 
 ⇒<最近は区別が無い説>
   ※最近では、【カレー南蛮】と【カレーうどん】の区別はあまり無い。
 
 
他にも情報ありましたら、教えていただきたいので、よろしくお願いいたします。
 
 

 
中川屋カレーうどん
 
 「秋葉原のカレーうどん」と言えば、「中川屋カレーうどん!」だったのですが、
 2007年2月に残念ながら秋葉原店は閉店。
 現在は、駒沢大学店と駒込店の2店舗があるようです。
 
 カレーうどんも当然おいしいですが、
 トッピングの天ぷらが、天ぷらだけでもお店を1店舗もてるくらいの
 おいしさでした。最初は天ぷらの大きさにも驚きました。
 鴨肉もおいしかったですし、デザートの塩アイスも最高でした。
 
 私は秋葉原店の閉店以降、中川屋カレーうどんに行く機会がないので、
 他の店舗も同じかどうかはわかりませんが、中川屋カレーうどんは
 おすすめのお店です。
 
 [関連リンク]
 ・中川屋カレーうどん楽天市場店
 

この記事のトラックバックURL : http://www.akibacurry.com/blog/wp-trackback.php?p=15