2008年07月の記事リスト

最近のカレーニュース(2008年7月26日)

アキバ海岸
 
 
セキレイ×アキバ海岸 コラボ企画
 
  セキレイとアキバ海岸のコラボ企画と言うことで、
  明日7月27日(日)に「アキバ海岸>」でセキレイのオリジナルメニューのカレーが
  食べられるようです。来場者特典のセキレイA3ポスターももらえるようですよ。
 
 
お盆前秋葉原お土産特集-メードクッキーからパン缶まで
 
  夏休み・お盆に秋葉原に行かれる方は、おみやげにいかがですか?
  カレーラムネや萌えカレーもありますよ。
 
 
第82回maroのアキバ食べ歩き日記帖 DELI BROWNIE
 
  食べ歩きレポート。BROWNIE
  BROWNIEに行ったら、まず食べてもらいたいのは、ベトナム風チキンカレー。
  ココナッツミルクの甘さとさっぱりした味が非常においしいです。
  その次は、豚の角煮カレー。大きい角煮が乗っかってくる豪華なカレーです。
 
 
「インド人はほんとに毎日カレーを食べているのか」-インド
 
  毎日カレーを食べられるなんて、すごい幸せだろうなぁ。
  あとインドの人達は、数多くのスパイスを扱うから、カレーも飽きないのでしょう。
 
 
名城食品 CoCo壱番屋カレー焼そば
 
  CoCo壱番屋のカレー焼きそば。
  市販品として、カレー焼きそばを出しているようです。
  ぜひお店でも食べられるようにしてほしいです。
 
 

この記事のトラックバックURL : http://www.akibacurry.com/blog/wp-trackback.php?p=76

「カレーライスの謎」(著 水野仁輔)を読みました。


カレーライスの謎
 
 
 
東京カリ~番長の水野仁輔さんの書いたカレー本「カレーライスの謎」を読みました。
 
この本は「カレーライスの謎 -なぜ日本中の食卓が虜になったのか-」というようにサブタイトルが付いていて、日本とカレーの関係について書かれています。
 
サブタイトルを見て、ふと思い出すのは「美味しんぼ」のカレー勝負の話。美味しんぼの第24巻でカレー勝負が繰り広げられていて、この中で「カレーとは何か」について描かれている。
 
「美味しんぼ『激戦!カレーバトル編』『熱闘!カレー大戦争編』」
  ↑は第12巻・第24巻・第34巻のカレーに関するストーリーをまとめた本です。
 
この第24巻にあたる話は、海原雄山がカレー店の主人に対して「カレーとはなにか」というキツイ質問を浴びせるところから始まります。しかし、海原雄山だからこそのツン(※この話にデレはない)なのですが、この質問は厳しい質問ながらも、あなたは「カレー」というものを本当に理解していますか?という点において、非常に重要な質問であり、私がこの美味しんぼの話を読んだときは、海原雄山のこの言葉が私の心にもグサリと刺さっていました。第24巻の話では「カレーとはなにか」についてがしっかりと描かれていて、私のカレーを見る目を変える1つのきっかけとなっています。
 
 
さて、話を元に戻します。
 
この「カレーライスの謎」では、その「美味しんぼ」で語られていることと同様の内容を含んではいますが、「美味しんぼ」の内容から、さらに広く深く「カレーとはなにか」ということが語られていて、私としては「美味しんぼ」の続編のような流れとして読むことができました。
 
ざっとまとめると、以下のような項目に分かれます。
(※本の目次の写しではなく、私が読んだ記憶です。)
 
  ☆「カレーが日本へ伝わっていくまでの歴史」
  ☆「日本でカレー・カレーライスというものが日本食として広まっていくまでの歴史」
  ☆「カレーを扱う食品メーカーの努力とその歴史」
  ☆「カレールゥとはなにか」
 
この本も私のカレーに対する視点を広げる1冊となりました。
 
 
以下、いくつかの点を引用するとともに私の感想を述べてみたいと思います。
 
 

「二大国民食・カレーとラーメン」の項目から文章を引用
☆カレーとラーメンの違いをひと言でいってしまえば、「カレーは家で食べる料理」、「ラーメンは外で食べる料理」なのである。
☆(カレー店は、)ラーメン店の4分の1にも満たない店舗数なのである。
☆ラーメンは職人の作る味を求める世界だからか、本格的なラーメンを家で作ろうなんて考える人は滅多にいない。
☆その点では圧倒的にカレーに分がある。カレーは家で作られ、食べられて親しまれてきた料理なのである。

 
私はカレーとラーメンを比べる話になるとき、「ラーメン食べ歩き」派が世間的に多いことに、少々残念な気持ちを感じてしまいます。もちろんラーメンは大好きですが、個人的にはやはりカレーのほうがもっと大好きです。なので、多くの人にカレー店の食べ歩きをしてほしいなぁ、いろいろなカレーを知って欲しいなぁと思ってしまいます。だから、秋葉原カレー日和というサイトを作ったのです。
 
ただ上記の引用にもあるように、確かにカレーは家庭料理でもあり、ラーメンって家で食べることはあるけど、「家庭の味」として語られることはないなぁ、と感じました。
 
余談ですがこの部分を読んで、家の中でお母さんがラーメン屋の主人みたいに大きく振りかぶって「麺の湯切り」をしているのを想像して、それはないな、と思ってしまいました。
また、キャンプなどに行った時の定番としても、カレーライスがあります。これをラーメンに置き換えると、やはり、キャンプ場でみんなで麺の湯切りをするのは無いなと思ってしまいますね。
(ここは冗談として受け取ってください。)
 
 

カレーは思い出を残す料理である。日本人にとって、100人いたら100種類のカレーがある。それがたとえ、すべて同じ味のカレーであっても、である。日本のカレー文化を引っ張ってきたのは、もしかしたら消費者ひとりひとりの体験に基づいた思い出だったのかもしれない。

 
思わず目頭が熱くなってしまいました。
そして、上記の文章がすべてを物語っていて、感想の言い様がないくらいです。
 
カレーにしてもラーメンにしてもその他の食べ物にしても、人それぞれの食に関する思い出があり、それが食文化を支えているのだなぁ、と思いました。
 
生きることとは、食べることと見つけたり。
 
これからも、おいしいカレーを楽しく食べていきたいと思います。
 
 

この記事のトラックバックURL : http://www.akibacurry.com/blog/wp-trackback.php?p=73

最近のカレーニュース(2008年7月13日)


dancyu (ダンチュウ) 2008年 08月号 [雑誌]
 
 
「dancyu」2008年8月号「日本一のカレー集めました」
 
  今月号のdancyuは、カレー特集です。
  私も買って読みましたが、食欲をそそるカレー屋がたくさん紹介されています。
 
 
7月15日、「首都圏版 最新美味いカレーの本」発売
 
  こちらは首都圏向けの本のようですが、カレー本が出るようです。
 
 
全国カレーパンめぐり
 
  ヤマザキパンの「全国カレーパンめぐり」シリーズ。
  かなり魅力的なカレーパンが揃っています。
 
 
そば処 長生庵「付けキムチカレーそば」 [築地場外]
 
  カレーそば。東京の築地のお店です。
  写真を見ていたら、すごくおいしそうなので紹介。
 
 
自家製麺のカレーつけ麺@平野町「楽山」
 
  こちらはカレーラーメン。大阪の平野町のお店です。
  やはり写真がすごく美味しそう。
  
  夏になると、麺系のものが食べたくなりますよね。
 
 

この記事のトラックバックURL : http://www.akibacurry.com/blog/wp-trackback.php?p=72

最近のカレーニュース(2008年7月5日)

BROWNIEのベトナム風チキンカレー
 
7月になりました!夏です!
辛いカレー、甘いカレー、カレーうどん、夏とカレーは相性抜群。
みなさん、カレーを食べましょう!
 
かくいう私は、今日はBROWNIEでベトナム風チキンカレーを食べてきました。
ココナッツミルクの甘さがほど良くて、この暑さの疲れを癒してくれました。
 
あと「秋葉原カレー日和 <モバイル版>」のサイトもありますので、
秋葉原に行った際には、↓にアクセスしてカレー屋を探してみてください。
http://www.akibacurry.com/m/
 
地図もあるので秋葉原で迷うことがありません。
秋葉原のカレー屋は数が多いので、私も秋葉原で良くこのサイトを見て、
その日に食べるカレー屋を決めていたりします。
 
 
カ レ ー の 具 論 争 会 場
 
  具と言えば、
  「カレキチ秋葉原店」で食べた「トマトカレー」が抜群のおいしさでしたよ!
 
 
カレーSNS
 
  カレーSNSなるものがあったんですね。
 
 
メード店が「萌カレー」発売-アキバ土産の新定番目指す
 
  「萌カレー」!食べたい!
  ん?これ、メイド喫茶で食べるのではなくて、お持ち帰り品なんですね。
  いくつかの店舗で買えるようです。
 
 
美人の男性メイドが「お帰りなさいませ」 “精神的ブラクラ喫茶”に潜入した
 
  こちらのメイド喫茶には、カレーパフェが!!
 
 
凄いねこのカレーライスのレシピ
 
  これはw
  綺麗な色をしてますわい。
 
 
第79回maroのアキバ食べ歩き日記帖 シディークAkibaカレー館
 
  シディークは中央通りに面していて、パッと入れるインド料理屋なので、とても便利です。
 
 
カップヌードルはカレーが最強、異論は認める
 
  カップヌードル、いろいろ出てるんですねー。
  もちろん、私もカレーが最強だと思います。でも、どの味もおいしいので、異論は認めます。
 
 
メタボの敵か?1キロ「カレーライス」が登場
 
  まさにメタボw
  1kgって軽いノートPCと同じ重さですよ。
 
 

この記事のトラックバックURL : http://www.akibacurry.com/blog/wp-trackback.php?p=71